生命保険選びのコツ(生命保険の基礎知識と比較)

生命保険選びのコツ(生命保険の基礎知識と比較)

TOPページ 保険ライターによる生命保険選びのコツ > 生命保険選びのコツ

 

生命保険選びのコツ

このコーナーは、生命保険専門のライターが【はじめて生命保険を選ぶ方にもわかりやすく】というモットーで書いています。とにかく、生命保険初心者の方にもわかりやすく!をモットーに書いております。

まずはココを読んで、足りない部分、わからない部分を補足していきましょう。

生命保険の上手な選び方

こんにちは。このコーナーを担当させていただくことになったKATUです。

生命保険に対する考え方などをココでは書いていきますので、初めて生命保険に入る方、これから入ろうと思っている方はぜひ見ていってくださいね。

さて、生命保険は長い期間払い続けるものですので、教育費やマイホームの購入と並んで出費が大きいと言われています。

必要のない保険や保障額の大きすぎる保険は家計を圧迫することに。どういった保険がいいのかしっかりと見極めて、上手に選びたいですね。

生命保険を選ぶときに押さえておきたいのは次の3つのポイントです。

①加入の目的をはっきりと決める
②目的にあった保険の内容と保険額、保険期間を検討する
③無理なく払える保険料がいくらなのか確認する。

特に①は、万が一のときのための葬式費用や生活の立て直し、遺族の生活費、病気(入院)などによる支出や収入減の対策、老後の収入確保などさまざまです。よく考えて、何のために加入するのかを決めましょう。

それに従って②③を検討・確認したら、数多くの商品を比較検討し、適切と思える保険を探しましょう。現在何らかの保険に加入している場合も、その内容が3つのポイントにあっているか再確認してみると、見直したほうがよいということもあるかもしれません。

初めて生命保険に加入する方もすでに加入している方も、自分にあった保険はどのようなものなのか、実際にどんな商品があるのか、いろいろと検討してみることをお勧めします。

自分にあった保険を知ろう!

生命保険に加入する目的は、年齢や家族構成などによっても変わってきますね。ご自分の生活状況からどういったものが必要なのかを考え、正しく判断していきましょう。

20代で独身、配偶者や子どもがいなければ、亡くなった後のための死亡保障よりも医療保障や入院特約など生存時の保障が充実した保険がよいと言われています。

30代から40代、特に小さな子どもや専業主婦を含む家庭を持っている場合は、一家の主として万が一のことがあったときのため、その後の生活費や養育費などに困らないよう死亡保障を重視したいですね。

ただし、時間の経過や子どもの成長につれて住宅ローンや養育費など必要な生活資金は減っていきますので、必要保障額の見直しを定期的に行うことをお勧めします。

50代以降、子どもが独立した後であれば、死亡保障はそれほど重視しなくてもいいようになり、代わって自分たちの老後を考えた保障にするのがよいと言われています。

年齢が高くなるにしたがって病気や怪我の可能性が高くなりますので、医療保険や入院特約の充実した保険にしておくと安心です。

また、貯蓄性の高い保険にして老後の生活資金の一部にするのも有効な運用方法ですね。

ココに注目! 生命保険会社選び

生命保険の契約は長期にわたります。生命保険会社選びでは、今だけでなく将来も安心して付き合える会社を見つけることが大切です。

そこでまず注目したいのが「格付け」。最もよい「AAA(トリプルA)」から「CC-」まで、格付け会社がA、B、Cと+、-の組み合わせで生命保険会社を評価しています。判断の基準としてわかりやすく、ぜひ確認しておきたいポイントです。

さらに、複数の格付け会社の評価を見る(格付け会社によって評価が異なっている場合があるため)、過去からの推移を見て評価が上がっているのか下がっているのか確認する、などより注意して見るといいですね。

さらに、大災害や株価の大暴落など“予想を超えた事態”に対応する保険金支払い余力がどれだけあるかを示す「ソルベンジーマージン比率」も参考になります。一般に200%が安全性の目安とされていますが、それよりも高ければ高いほどよいと言えるでしょう。

また、保険契約金額が前年同期と比べてどのくらい増えたか、減ったかを示す「保有契約高増減率」を見ることで、信頼度の変化をある程度把握することもできます。

生命保険会社選びは慎重に、できるだけ多くの視点から検討して信頼できる会社かどうかを判断してください。

以上、第一回目の生命保険講座でした~。


いかがでしたか??

保険はとにかく「その人にあった保険を選ぶ」に尽きます。死亡保障が必要なのか?それよりも医療保障を重視すべきなのか?年齢や体調、家族内での役割などによっても大きく異なってきますから、自分自身をしっかり見つめなおして、保険選びをするのが大事ですね。

初めての生命保険

4月から社会人となった方々のほとんどは、生命保険のことなんてこれまで考えたこともなかったことでしょう。

あなた方の職場には、いわゆる保険のおばちゃん、と呼ばれる人々が必ず出入りしているはずです。

そして必ずこう言われることでしょう。

「社会人になったんだから、生命保険くらい入って当たり前よ」と。

確かに保険が大事なのはわかるんだけど、どんなのに入ったらいいの?

きっと誰もが不安に思うはずです。

保険のおばちゃんの言いなりになる前に、ちょっとだけ保険のお勉強をしてみましょう。

実は、保険は若いうちに入ったほうがお得なのです。

なぜなら保険料は年齢に応じて決められているからです。

とは言え、死亡保障が1億もついているような保険は、まだ必要ありません。

最初の1本として入るなら、定期付終身保険がお勧めです。

定期付終身保険とは、簡単に言って働き盛りから定年までの保障を大きくし、それ以降の保障は逆に小さくする保険のことです。

そのため、保険料が安いのが特徴です。20代なら、1万数千円の険料で加入することも可能です。

このタイプはほとんどの生命保険会社が、主力として扱っている商品ですから、いろいろ比較してみると良いでしょう。

それでも月々の支払いがきつそう、と言う方には、オリックス生命のダイレクト定期保険をお勧めします。

これは通信販売専用の保険のため、コストが少なくいのが特徴です。さらには、死亡保障に特化した掛け捨てタイプの保険のため、30歳の男性が3千万円の死亡保障をつけても、月々の保険料は1万円以下で済んでしまいます。

ネットから申し込みができて、後から手軽に、保障額の増減ができるのも魅力の一つです。

要するに、生命保険は若いうちの加入がお得、けれど病気のリスクや、家族への責任のない今なら、高い死亡保障は外して、保険料をなるべく安く抑えるのが賢い保険の入り方なのです。

生命保険の基礎知識

「まさかのときに保険金が出る」と漠然と知ってはいても、よくわからない生命保険。いまさら聞けない基礎知識をわかりやすくご説明します。

定期特約付終身保険と終身保険

これが最も基本的なスタイルの生命保険です。

「終身保険」とは、その名前の通り、一定期間の間に保険料を支払うことによって、一生涯(終身)に渡って保険金が保障されるというもの。

「定期特約付終身保険」とは、この「終身保険」に、ある一定の期間のみ、保障額を高額にする、いわば個人に合わせたオリジナル保険。定期期間のみ大きな保障を契約し、ベースとなる終身保障と組み合わせる定期特約付き終身保険がいまは一般的です。

が、定期期間が過ぎれば申し出をしない限り、自動更新されてしまいます。その際、保険料は一気にアップ。保険に加入したら、そのまま放置せず、自分のライフスタイルに合わせて見直しをするのがポイントです。

保障額が大きくなれば、それだけ月々の保険料も高額になります。家族構成や自分の人生設計、家族の病歴なども考慮して、どこに重点を置いた保障が必要なのかを考えて、保険は作ってゆくことができます。

知らないと損する?“解約返戻金”

解約返戻金とは、保険解約時、または失効時に戻ってくるお金のこと。

解約返戻金の額は、保険の種類、契約時の年齢、保険期間、経過年数などによって異なります。私達が支払っている保険料の一部は、死亡保険金の支払いなどにあてられています。解約返戻金として支払われるのは、保険料からこれらを差し引いた残りを基準に計算されるので、もちろん、出ない場合もあります。

保険料が安くなる、と保険見直し(転換と言います)に勝手に頭金として使われてしまったり、解約返戻金を貯蓄だと偽って営業する輩もいますので、見直し時や解約時は気をつけましょう。

受取人は誰でもいい?

お金を払うんだから、好き勝手な人に残したっていいじゃないか、と思う方もあるかもしれませんが、これはNG。誰でも受取人として指定できるわけではありません。

基本的に「家族」「法定相続人」ということになります。内縁関係や婚約者は、場合によっては認められることもありますが、不正受給や犯罪を防ぐため、誰でも勝手に指定することはできません。

個人年金?

これは、60歳、65歳から、など自分で受給年齢を決めて受け取れる積み立て型保険。医療特約などもつけられるので、貯金は苦手だけど老後は心配、なんて方にはぴったりかもしれません。

持病があると、保険には入れない?

これは間違い。「持病があっても加入できる」がウリの保険もありますが、ビョウキによっては、通常より、保険料が高額になりますが、通常の保険に加入できる場合もあります。諦めないで、問い合わせてもましょう。

審査?調査?

保険に関して「審査」という言葉をよく耳にします。「審査なし」をうたう保険もあるけれど、では、審査とはどんなものでしょうか?

ここで言う「審査」とは、簡単に言うと「あなたは健康ですか?」という確認です。保険金が支払われない場合もありますので、病歴などは正直に申し出ましょう。

そして、審査と別に行われるのが「調査」。申し出が本当かどうか、調査員によって調査が行われます。これは公正を保つためにランダムに行われたり、病歴を申し出た人の通常の生活をチェックするために訪問したりするもの。あくまで「調査」であり、金銭の要求や集金業務などは行いません。そのようなことがあった場合は、速やかに通報するなどしましょう。

審査がなくても調査は行われますので、もし、訪問を受けたりした場合は、質問に正直に答えましょう。

支払方法

「月払い」「年払い」など、保険料の支払方法も様々です。もしまとまった資金があるなら、お勧めは「年払い」。まとめて支払う分、割り引きがあります。月々支払っていくのと、まとめて支払うのとどれだけの差があるか、1度は比較してみましょう。

達人が教える比較のコツ

生命保険の達人が教える“比較のコツ”5ヶ条をお教えします!!

◆生命保険には入りたいけど、たくさんありすぎてわからない・・・。
◆テレビCMや広告だけでも情報ばかりが溢れて決められない・・・。

そんなあなたに「比較のコツ」をお教えします。

1・入院費はいつから出るの?
2・やっぱり気になる「保険料」
3・コールセンターつながり度
4・保障される病気の種類を聞こう!
5・出なきゃ意味ない「保険金」。支払いまでの日数は?

この「比較のコツ5ヶ条」を基本に、各保険内容、保険会社を検討してみましょう。

1・入院費はいつから出るの?

入院費用はどの保険も「入院した全ての日数分の入院費用」を保障しているとは限りません。保険の内容によっては、「入院した1日目から」というものもあれば、「入院してから5日目から(つまり、入院した 日数から5日分を差し引いた金額)」を保障する、というものもあります。ここはしっかりチェック、比較しましょう。

2・やっぱり気になる「保険料」

保険料は、内容や種類によって異なりますが、年齢によっても異なります。若ければ若いほど、保険料は安いもの。これは、病気などに対するリスクが軽い、あるいは長期の保険加入期間が見込めるから。まずは自分の年齢の保険料をチェックしなければ比較はできません。
さらに「高額の保険料を支払えば、必ず手厚い保障が得られるわけじゃない」ということを念頭に、現在の収入の中から無理なく支払える保険料を計算して、その予算を基に各保険内容を見て見ましょう。そして「自分には必要のない保障を引いてゆく」ことがポイント。料金の比較は「足していったらキリがない」ことを忘れないことがコツです。

3・コールセンターつながり度

意外と重要なのがこれ。なにかあったときに連絡システムが不十分では保険に入った意味がありません。いつかはつながる、なんて楽観していてはダメ。「保険に入る」とはつまり「安心を買うこと。」不安なときに迅速に対応してくれなければ「安心を買った」ことにはならないのです。必ずチェックしましょう。

4・保障される病気の種類を聞こう!

「どんな病気でも保障されるんですか?」と聞いたら「当社の規定によります。」という返事が返ってきた、なんてお話がよく聞かれます。分厚い定款・約款を渡されて「後は自分で理解して」なんて言われて後悔した・・・、なんてことにならないためにも、必ず保障される病気の種類を細かく聞きましょう。けれど、病気の種類は多く、すべての種類を聞けないのは当たり前。少なくとも、生活習慣や自分の体型や病歴などを考えた上で、「自分が気にしている病気」や「血縁に発病者が多い病気」がどの程度保障されるかは必ず聞きましょう。

5・出なきゃ意味がない!支払いまでの日数は?

保険金は請求しなければ出ません。けれど、請求したのに待てど暮らせど連絡なし・・・、では困ってしまいます。請求してからどのくらいの期間で保険金が支払われるのかは、各社によって異なりますが「聞かれて返答してはいけない質問ではない」のです。
請求から支払いまでの「最短期間」と「最長期間」は要チェックです。

この「比較のコツ」を知っていれば、無駄な保険料も不安もスッキリ解消!さっそく5つのコツをもって、比較して見てください。

生命保険を見直そう!

「生命保険の見直しで、保険料は安くなる!」

その保険、本当に必要ですか?

例えばお子様にかけているその保険。高額な死亡保障など、本当に必要ですか?

引き算引き算で本当に必要な保障だけにしぼれば保険料はビックリするほどダウンします。

保険料が家計を圧迫してる・・・、そんな方は今すぐにでも保険の見直しを。無駄なものがいっぱいついてるかもしれません。

見直しの際の注意点

見直したら、保険料は安くなったけど、気がついたら保障が減っていた、なんてことになったら元も子もありません。

見直しの際、特に注意が必要なのが「入院給付金がいつから出るのか」ということ。

入院1日目から保障される保険と、5日目から保障される保険では、保険料が違って当たり前。その他、保障される病気の範囲や怪我などの範囲もしっかりチェックしましょう。

無料で保険アドバイス?

インターネットなどで検索すると、よく「無料保険アドバイス」というページが出てきます。参考にはなりますが、保険選びはあくまで「あなた自身がなにを必要としているか」で選ばなければなりません。お勧めされている保険に漠然と加入などせず、あくまで参考にしましょう。

他の生命保険会社にかえたいときは・・・

保障期間がいつから始まるのかをチェック!加入した当日から保障が始まるとは限りません。既加入の保険を解約する時期によっては無保障な時期ができてしまう場合もありますから、いつから保障が開始されるのかを必ず確認しましょう。さらに、時期によってはその月の既加入の保険料が戻ってくることも。ここも必ずチェックしましょう。

信頼してるからおまかせ!してもいいんじゃない?

これは絶対にダメ!自分でトラブルを呼び込むようなもの。過去に「気がついたら勝手に保険に加入させられていて、勝手に保険料が引き落とされていた」という事件が複数起きています。どんなに信頼している相手であっても“まかっせきり”は絶対にダメ!「自分の保険は自分で管理・監督」が原則です。

家族は『家族特約』だけでいい?

「家族特約」は、その基本となる人が死亡した場合、保険自体がその時点で終わってしまうので、家族の保障も同時になくなってしまいます。余裕があれば、個別に加入しておくことがベター。特に専業主婦の方は、女性特有の病気もあるので、高額な死亡保障より、入院保障などを手厚く保障しておくことをお勧めします。

生命保険を徹底比較

ここでは、生命保険を徹底比較!していきます。

とはいっても、生命保険選びで一番大事なのは、「自分に必要なものを知って、それに最適な保険を選ぶこと」bにほかなりません。

ですので、一つの目安として、お使いいただければ幸いです。

アフラック(アメリカンファミリー)やさしいEVER

お勧め保険はこれ!

アヒルでおなじみのアフラック(アメリカンファミリー)。お勧め保険「EVER」は、あの耳について離れない歌のとおり、所定の期間保険料を納めれば、病気入院や手術費を「一生涯保障」してくれる保険です(怪我での入院は90歳まで)。

女性に嬉しい「女性特定疾病(子宮ガンなど、女性のみがかかる病気)特約を上乗せしても、35歳で5千円台の保険料。1日目からの入院保障で日帰り手術だって安心です。

アフラック(アメリカンファミリー)やさしいEVERの資料請求はこちらから

アメリカンホームダイレクト

お勧め保険はこれ!
「ザ・大人の医療保険」

この保険はシニア向け。まず、保険料が予算に合わせて選びやすいのがポイント。病気や怪我で入院したときの保障額が3千円、4千円、5千円と3プランあり、保険料が高額になりがちなシニア世代をバックアップしてくれます。しかも、5年間保険金の請求がない場合「健康お祝い金」「無事故戻し金」として、6万円から10万円までのお金が戻ってくるので、お得感も倍増です。

オリックス生命

お勧め保険は
「オリックスCURE(キュア)」

この保険のお勧めポイントは「7大生活習慣病は1回の入院支払い限度日数が2倍になる」ということ。プランも基本プランと充実プランの2種類から選べます。「生活習慣が不規則」「血縁に糖尿病などが多い」など、生活習慣病がきになる方には強い味方になってくれる保険です。

東京海上日動あんしん生命

お勧め保険はこれ!
「あんしん生命のガン保険」

なにが心配ってガンが怖い・・・、家族にガンにかかった人がいる、などなど、ガンに対してのさまざまな心配を、徹底的に保障してくれる保険です。保障充実のAタイププランなら、入院給付金は「1日目から3万円」、「通院給付金は1万5千円」。退院時には療養費として30万円が給付されます。進歩した医療がガンを治してくれる時代。だからこそ嬉しい手厚い保険です。


アリコジャパン

お勧めはこれ!
「かしこく積立入院保険3」

「1日目からの入院保障」、「ガン保障」、そして「3年ごとに15万円のボーナスが受け取れる」貯蓄と保障を兼ね備えた保険です。なかなかお金が貯められない・・・、そんな人には嬉しい積み立て保険です。積み立てなので、入院の有無に関わらずボーナスは支給されますから「保障は欲しいけど、保険って、すごく損した気分になる」なんて方にもお勧めです。


全労済

お勧めはこれ!
「こくみん共済」

保険料がとにかく安い!入院日額は3千円と、他のお勧め保険より安いけれど、64歳で加入しても、保険料は4千円をきる安さ。それでいて、日帰り入院からの保障がついています。保障額がすくなくてもとにかく保障があってとにかく安い保険料を!という方や高齢の方にもお勧めです。

第一生命保険

お勧めはこれ!
「和の華道W(女性限定)」

病気・ケガによる1日以上の入院(日帰り入院を含む)が保障されるこの保険、ポイントはなんといっても「公的医療保険、先進医療の対象となる1,000種類以上の手術に備えることができる」こと。
また、手術に引き続き所定の集中治療室管理を受けたときや所定の放射線治療を受けたときにも、それぞれ給付金が支払われるという、働く現代女性にピッタリの手厚さです。


日本生命保険

お勧めはこれ!
「1stRUNEX(ファーストランイーエックス)」

15歳から29歳までの若者向けのプラン。初めて保険に入る方、長期の資産計画を立てた上で人生設計をしたい、そんな方にお勧めです。もちろんプラスαで特約を付加したりもできるので、一生ものの保険が欲しい!という方には、1度は検討して欲しい、そんな保険です。


自分にピッタリの保険を見つけて、ゆとりある、安心な毎日を過ごしましょう。


初めて生命保険選び方のコツ

保険料の支払い方

保険料をカード払いにすることで、定期的にそのカードのポイントを貯めることができます。カードの種類にもよりますが、一定のポイントが貯まった時点で商品券と交換できたりもするので、実質的な保険料の割引になります。

少しでも得をしたい、という方はクレジットカードによる支払いができるかどうかも、保険選びの大事な要素になります。また、ポイントという観点で見ると、ゴールドカードの場合、還元率がよい場合もありますので、ゴールドカードという選択肢もあるかと思います。

さらに、会社によっては団体割引が使えることもあるので、要チェックです。


保険年齢について

生命保険の基礎知識として「保険年齢」というのも覚えておきましょう。

「保険年齢」とは、誕生日の前後1年間(つまり、誕生日の前の半年間と誕生日の後の半年間)の年齢のことです。たとえば今日、29歳になった人はこの後、半年間は29歳の保険料が適用されますが、半年後には30歳の保険料として計算されます。

すべての保険会社がこの「保険年齢」を適用しているわけではなく、実年齢で保険料を割り出す場合もありますので、加入の際はよく聞いてみましょう。

特に、世代が変わるときは要注意!保険料がぐんと上がる可能性も。加入するなら加入するで、テキパキするのもコツの1つです。

そして、なにより肝心なのは
「わからないことはとにかく聞く」
質問に対してあいまいであったり、難解な言葉を並べ立てるようなところはためらわずにパスしましょう。

保険は「何かあったときのための備え」ですから、安心感と頼りがいがなければなりません。わからないことは納得のいくまで質問し、答えてもらいましょう。

保険に加入すると「保険証券」というものが送られてきますが、保険は立派な「有価証券」。お金を払って「安心」を買うのだ、という意識をきちんと持ってください。

この「保険証券」は、万が一、紛失した場合、一定の手続きをふめば再発行が可能なものですが、できれば紛失しないように管理して、大切にしましょう。

生命保険に加入する際は、必ず複数のプランニングをし、比較することもコツです。まあこれでいいや、と1つのプランだけしか見ないと、いざというときにまったく頼りにならない、という結果になりかねません。

保険は、あなたを守るものです。自分で確かめて、将来設計をし、要不要を見極めてゆきましょう。

良い保険とは、あなたの家計を圧迫せず、あなたの求める保障が組み込まれている保険です。自分自身の生活を見直し、あなたに合った良い保険を選びましょう。


保険料の支払い方も大事?!

「初めて生命保険~その選び方のコツ~」

保険料の支払い方

保険料をカード払いにすることで、定期的にそのカードのポイントを貯めることができます。

カードの種類にもよりますが、一定のポイントが貯まった時点で商品券と交換できたりもするので、実質的な保険料の割引になります。

少しでも得をしたい、とう方はカードによる支払いができるかどうかも、保険選びの大事な要素になります。

さらに、会社によっては団体割引が使えることもあるので、要チェックです。

生命保険の基礎知識として「保険年齢」というのも覚えておきましょう。

「保険年齢」とは、誕生日の前後1年間(つまり、誕生日の前の半年間と誕生日の後の半年間)の年齢のことです。

たとえば今日、29歳になった人はこの後、半年間は29歳の保険料が適用されますが、半年後には30歳の保険料として計算されます。

すべての保険会社がこの「保険年齢」を適用しているわけではなく、実年齢で保険料を割り出す場合もありますので、加入の際はよく聞いてみましょう。

特に、世代が変わるときは要注意!保険料がぐんと上がる可能性も。加入するなら加入するで、テキパキするのもコツの1つです。

そして、なにより肝心なのは
「わからないことはとにかく聞く」
ということです。

質問に対してあいまいであったり、難解な言葉を並べ立てるようなところはためらわずにパスしましょう。

保険は「何かあったときのための備え」ですから、安心感と頼りがいがなければなりません。わからないことは納得のいくまで質問し、答えてもらいましょう。

保険に加入すると「保険証券」というものが送られてきますが、保険は立派な「有価証券」。お金を払って「安心」を買うのだ、という意識をきちんと持ってください。

この「保険証券」は、万が一、紛失した場合、一定の手続きをふめば再発行が可能なものですが、できれば紛失しないように管理して、大切にしましょう。

生命保険に加入する際は、必ず複数のプランニングをし、比較することもコツです。まあこれでいいや、と1つのプランだけしか見ないと、いざというときにまったく頼りにならない、という結果になりかねません。

保険は、あなたを守るものです。自分で確かめて、将来設計をし、要不要を見極めてゆきましょう。

良い保険とは、あなたの家計を圧迫せず、あなたの求める保障が組み込まれている保険です。自分自身の生活を見直し、あなたに合った良い保険を選びましょう。

保険料の支払い方も大事?!

「初めて生命保険~その選び方のコツ~」

保険料の支払い方

保険料をカード払いにすることで、定期的にそのカードのポイントを貯めることができます。

カードの種類にもよりますが、一定のポイントが貯まった時点で商品券と交換できたりもするので、実質的な保険料の割引になります。

少しでも得をしたい、とう方はカードによる支払いができるかどうかも、保険選びの大事な要素になります。

さらに、会社によっては団体割引が使えることもあるので、要チェックです。

生命保険の基礎知識として「保険年齢」というのも覚えておきましょう。

「保険年齢」とは、誕生日の前後1年間(つまり、誕生日の前の半年間と誕生日の後の半年間)の年齢のことです。

たとえば今日、29歳になった人はこの後、半年間は29歳の保険料が適用されますが、半年後には30歳の保険料として計算されます。

すべての保険会社がこの「保険年齢」を適用しているわけではなく、実年齢で保険料を割り出す場合もありますので、加入の際はよく聞いてみましょう。

特に、世代が変わるときは要注意!保険料がぐんと上がる可能性も。加入するなら加入するで、テキパキするのもコツの1つです。

そして、なにより肝心なのは
「わからないことはとにかく聞く」
ということです。

質問に対してあいまいであったり、難解な言葉を並べ立てるようなところはためらわずにパスしましょう。

保険は「何かあったときのための備え」ですから、安心感と頼りがいがなければなりません。わからないことは納得のいくまで質問し、答えてもらいましょう。

保険に加入すると「保険証券」というものが送られてきますが、保険は立派な「有価証券」。お金を払って「安心」を買うのだ、という意識をきちんと持ってください。

この「保険証券」は、万が一、紛失した場合、一定の手続きをふめば再発行が可能なものですが、できれば紛失しないように管理して、大切にしましょう。

生命保険に加入する際は、必ず複数のプランニングをし、比較することもコツです。まあこれでいいや、と1つのプランだけしか見ないと、いざというときにまったく頼りにならない、という結果になりかねません。

保険は、あなたを守るものです。自分で確かめて、将来設計をし、要不要を見極めてゆきましょう。

良い保険とは、あなたの家計を圧迫せず、あなたの求める保障が組み込まれている保険です。自分自身の生活を見直し、あなたに合った良い保険を選びましょう。

ページトップへ↑